撮影時の専門用語

エキストラの派遣事務所をお探しなら|エキプロ

ホーム » 撮影時の専門用語

撮影時の専門用語

ドラマ映画、広告などを作る際には主役となる人物は勿論のこと、エキストラと呼ばれる役も存在します。エキストラは場を盛り上げる存在として欠かせませんが、撮影時には様々な用語が飛び交うため、初めての経験に戸惑うこともあるかもしれません。

こちらでは、撮影の時の専門用語をいくつかご紹介致します。

ドライリハーサル

ドライリハーサルとは、撮影機材を使用しないリハーサルのことを指します。
俳優の演技についての細かい指示やアングルの確認など、良い映像を撮るために徹底した調整が行われます。
ドライリハーサルでは、エキストラが参加する場合と控室で待機して参加しない場合があります。

オールアップ・クランクアップ

1つの作品を作るには多くの役者が必要になりますが、出演する役者のうちの誰かが全ての撮影を終えた状態をオールアップと言います。一方、作品そのものの撮影を全て終了した状態をクランクアップと言います。

スタンドイン

ドラマなどの撮影時にはカメラの位置や役者の立ち位置、照明のあて方といった撮影準備を行います。
この時、実際に演じる役者は現場に入ることはありません。しかし、役者の立ち位置とカメラの位置など細かい調整を行う場合は代役を立てて調整することがあります。この代役には現場のスタッフが務めることも少なくはありませんが、より精密に作業を行うために身体特徴が似ているエキストラが務めることもあります。

口パク・パントマイム

基本的に撮影というのは役者のセリフがメインとなっています。特に、静かなシーンや役者を引き立たせたい場面の場合は、他の音声が入らないように演じることが求められます。話しているように見せるために口パクやパントマイムを行うことがあり、不自然な動きにならないように注意が必要です。

エキプロは映画やドラマ、バラエティといったテレビ番組のエキストラを派遣している事務所です。
未経験者でも応募が可能なため、事務所に所属してエキストラの仕事を行いたいという方もご登録頂けます。エキストラの派遣事務所をお探しの際は、ぜひエキプロへご相談ください。

エキストラに応募・登録するなら【エキプロ】 概要

名称 株式会社エキプロ
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 猪瀬ビル2F
URL http://ekipro.jp
メール okuma@ekipro.jp
説明 エキストラ事務所【エキプロ】は、登録制のエキストラ派遣サービスを行っております。ドラマやバラエティなどのテレビ番組や、映画に出演するエキストラを募集しております。関東(東京・千葉・神奈川・埼玉など)でエキストラの応募をお考えなら、エキプロにご登録ください。エキストラのキャスティング・出演依頼もお待ちしております。
日本
都道府県 東京都
市区町村 港区

コラム