エキストラの種類

エキストラの応募を関東(東京・千葉・埼玉)でお考えなら|エキプロ

ホーム » エキストラの種類

エキストラの種類

映画や広告CM、ドラマには主役となる役者とは別に、一般人を演じるエキストラが出演しています。エキストラは事務所を通して応募するものや一般参加で応募するものなど様々ですが、エキストラの仕事を行う際は場面に合わせた服装や振る舞いが求められます。

こちらでは、各場面に合わせたポイントをご紹介致します。

歩行者

エキストラはできるだけ周りに溶け込む必要があります。特に歩行者といった役であれば、自然な振る舞いや服装が重要なポイントとなります。そのため派手な服はあまり好まれません。派手な服は主役となる役者よりもエキストラが目立ってしまいますので、カジュアル系の服装などラフな格好を心がけることが大切です。
また夜に暗いトーンのコーディネートだと画が地味になってしまう場合がありますので、服の色味も派手すぎず、暗すぎずといったことに気を配ると喜ばれます。

参加者

ライブシーンやパーティーシーンのエキストラを務めることも珍しくありません。
ライブシーンであればミュージシャンの雰囲気に合わせて服装や髪型、メイクにこだわりましょう。
ライブにも関わらず、動きにくい服装で参加すると雰囲気が崩れてしまいますので注意が必要です。

一方、パーティーシーンならシーンに合わせてドレスアップすることが大切です。
パーティーと言っても作品によってコンセプトは異なるため、製作スタッフの指示を聞き洩らさないようにしましょう。

施設利用者

施設利用者のエキストラを募集していることもありますが、施設と言っても様々あります。
例えば大学生などの学生役であれば、大学の雰囲気に合わせた服装が求められるでしょう。
キャンパスライフというイメージが強いことから、爽やかな印象を与える服装が良いかもしれません。
他にも病院の利用者という設定の場合、汚れの目立つ服装は清潔なイメージがある病院にはそぐわないため、白などの清潔感のある色の洋服がおすすめです。

労働者

労働者の中でもOLやサラリーマンといったエキストラの仕事は多いのではないでしょうか。
そういった場合はスーツが無難です。スーツにも様々な色がありますが、灰色や茶色といった他とは違った色のスーツを着用することで、周りのエキストラとは違った個性を生み出すことができます。
また、工事業者や災害現場での人命救助員といった役なら多少汚れている洋服が必要になります。
洋服だけでなく、役に見合った雰囲気づくりも大切です。

東京でエキストラの応募をお考えの際はエキプロへご登録ください。エキプロでは登録者様の個性に合わせたお仕事をご紹介しております。東京の他にも千葉神奈川埼玉といった地域に対応していますので、関東近郊でエキストラの仕事に興味がある際はお気軽にお問い合わせください。

エキストラに応募・登録するなら【エキプロ】 概要

名称 株式会社エキプロ
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 猪瀬ビル2F
URL http://ekipro.jp
メール okuma@ekipro.jp
説明 エキストラ事務所【エキプロ】は、登録制のエキストラ派遣サービスを行っております。ドラマやバラエティなどのテレビ番組や、映画に出演するエキストラを募集しております。関東(東京・千葉・神奈川・埼玉など)でエキストラの応募をお考えなら、エキプロにご登録ください。エキストラのキャスティング・出演依頼もお待ちしております。
日本
都道府県 東京都
市区町村 港区

コラム